馬刺し 通販

馬刺し通販やってみよう

ブロック馬刺しの切り方




馬刺しのお取り寄せサイトを見ていると、カットされていないブロック状態で真空パックに詰められて発送されると記載されていることが多いですよね。

馬肉をブロックで仕入れることで、馬刺しだけではなく、すき焼きやしゃぶしゃぶといった鍋料理やステーキ、揚げ物など加熱調理にも使用できますし、カットされていない分、低価格で購入することができるため、少々手間はかかりますが、たいへん人気があります。

ただ、ブロックの馬刺しを購入した場合、徹底した衛生管理と正しい切り方を知っておかないと食中毒になったり、うまく切ることができずカット面が汚くなってしまうことがあります。

そこで、今回はブロック馬刺しの正しい切り方をご説明します。


ブロック馬刺しの切り方


ブロック馬刺しを購入した場合、お肉の種類によって肉質が異なりますので、切り方が若干異なります。

では、さっそくブロック馬刺しの切り方をご説明します。


ブロック馬刺しの切り方


①真空パックから馬刺しを取り出します。

②お肉の繊維線が出ている面を上に向けてまな板の上に乗せます。
※ブロック馬刺しのサイズが大きい場合、適度なサイズに切り分けるのですが、上面のサシと平行になるように切るのがポイントです。

③上面のサシに対し、垂直になるよう側面をカットしてゆきます。
※馬刺しの部位ごとの厚みは下記の表をご確認ください。


馬肉の種類 厚み ポイント

霜降りバラ肉・ロース 1.5mm~3.0mm 柔らかい部位なので、少し厚めにカットしても問題ありません。

モモ肉 1.5mm~2.0mm モモ肉も柔らかい部位ですので、厚みを調節して切りましょう。

ヤング・フタゴエ 1.0mm~2.0mm 歯ごたえがあるので、薄めに切るのがコツです。


バラ肉を購入した方は、切り口が霜降り状態になっているかどうか確認してからお皿に盛り付けましょう。

なお、ロースやモモ肉など赤身の馬刺しの場合、バラ肉のような霜降りにはなりませんので、霜降りが無いから質が悪いわけではございませんのでご安心ください。


馬刺しを切るときのポイント



馬刺しをキレイに切るポイントは、

1.切る前に馬肉を半解凍しておくこと
2.肉質の柔らかい部位ほど厚めに切ること
3.サシがキレイに見えるように切ること
4.馬刺しの部位によって厚みを変えること
5.ブロック馬刺しが大きいときは、肉目 (繊維)と平行になるよう包丁を入れること
6.馬刺しをスライスする際は、肉目と包丁が垂直になるように包丁を入れること

以上、6つの点に気を付けながら切ってゆくのが、馬刺しをおいしそうに切るコツです。

例えば、馬肉のなかでも柔らかい肉質のヒレ肉を馬刺しにする際は、厚めに切って柔らかさを実感したり、ほどよく柔らかいロースならば中厚切りがオススメです。

また、肉質がしっかりしているモモ肉は薄切りにした方が食べやすく、バラ系ならばモモほどサクに高さがないので斜め切りにするのがオススメです。

馬刺しはとても繊細なお肉ですので、解凍する際は氷水でじっくり時間をかけて半解凍してゆき、切るときは空気に触れる時間を短くするために手早く行うのがポイントです。

まとめ

今回はブロック馬刺しの切り方についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

馬刺しをスーパーや精肉店で直接購入する場合、既にスライスされた状態の馬刺しを購入することができますが、お取り寄せの場合、ブロックで届くことが多いので、キレイにスライスできるよう、事前に知識を身に付けておきましょう。

 

馬刺しの食べ方

馬刺しのタレは「ニンニク醤油」が最適?


a1180_006547
海の幸をたっぷり使って作られるお刺身を食べるとき、刺身醤油にわさびを加えたタレで食べますが、馬刺しもお刺身の1種ですので、タレをつけて食べるのが一般的な食べ方となっています。

日本における馬刺し発祥の地として知られる熊本県では、馬刺しを食べるときは必ず「甘口醤油+おろしにんにく+生姜」を使って作られるタレを使って食べるのが定番であり、魚介類のお刺身を食べるときに用いられる刺身醤油に比べて濃い甘口醤油を使うのがポイントとなっています。

ニンニク醤油のメリット

a1180_006546
また、馬肉は漢方の世界では身体を冷やす食べ物と言われておりますので、身体を温める作用を持つニンニクや生姜を1:1の割合で加えると、2つの食材に含まれる栄養成分のおかげで、身体が温まると同時に、抗菌・殺菌作用が得られ、食中毒予防にもなります。

さらに、ニンニクとショウガを馬刺しと共に食べることで、馬肉の旨味が引き立つため、初めて馬刺しを食べる方にオススメのタレとなっています。

さて、馬刺しの旨味を引き立たせてくれるタレですが、他にも馬刺しの美味しさを引き立たせてくれる絶品のタレがあることをご存知ですか。

今回は馬刺しのタレについてご紹介したいと思います。

馬刺しのタレはニンニク醤油だけじゃない!オススメのタレをご紹介

fe3a043afe7963671b24e322f3ad4936_s
熊本県では「甘口醤油+おろしにんにく+生姜」が馬刺しを食べる際の定番タレとなっておりますが、福島県会津地方では、あっさりとした赤身の馬肉を使った馬刺しを食べるのが一般的なので、馬肉の赤身が持つ風味を生かすため、味噌に唐辛子とおろしにんにくを加えた辛味噌を醤油に溶かして食べる辛味噌醤油で頂くのが定番となっています。

また、辛味噌は馬刺しだけではなく、生野菜やチップスに付けて食べるクリームソースとしても活用することができるのも魅力のひとつとなっています。

馬刺しの定番タレは「甘口醤油+おろしにんにく+生姜」と「辛味噌+醤油」の2つですが、他にも様々な馬刺しのタレがございますので、ここでまとめてご紹介したいと思います。

定番以外にオススメの馬刺しのタレ

・ごま油+塩
・わさび+醤油
・柚子胡椒+醤油
・醤油+すだち+柚子
・ポン酢+もみじおろし
・塩
・少し甘いごまダレ
・醤油+マヨネーズ

少し甘いごまだれは、すり鉢に大さじ5杯ほどの白ごまを入れ、ペースト状になるまですり潰します。すり潰したごまペーストに醤油とみりんを3:1の割合で加えて混ぜ合わせたら完成です。醤油とマヨネーズを組み合わせたタレは、赤身の馬刺しと相性抜群なので、カイワレ大根や三つ葉と共にいかがでしょうか。

馬刺しのタレといえば、今までニンニク醤油や生姜醤油などで食べるものだと思っていた方も多いと思いますが、地域によって使用するタレが異なるため、たまには一風変わった馬刺しのタレでいつもとは違った馬刺しを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

馬刺しの食べ方

馬刺しの付け合せでオススメはなに?


fb223838646e284499e42cc5b2b69bab_s
馬刺しといえば、年末年始や特別な日のご馳走として食卓に並べる方も多いのではないでしょうか。しかし、馬刺しをただ薄くスライスしただけでは、見栄えも栄養バランスも悪いですよね。

馬肉大国として知られる熊本県では、栄養バランスの良い付け合せや馬刺しを引き立たせてくれる副菜を用意して、食卓を彩っていると言います。

そこで、今回は今晩のメインディッシュに馬刺しをお考えに方にオススメの付け合せをご紹介します。

馬刺しのオススメ付け合せ!

a1180_005765
馬刺しといえば、スライサーで薄切りにした玉ねぎと千切りにした大葉でつまを作り、千切りにしていない大葉をつまの上に乗せ、おろしにんにくとおろし生姜を添え、大葉の上に馬刺しを乗せるのが定番スタイルとなっています。

この定番の付け合せは、身体を冷やす作用を持つ馬刺しに身体を温める作用を持つ玉ねぎや生姜を加えることで、身体を冷やす作用を打ち消すことができる組み合わせなので、とっても身体に良い付け合せといわれているのですが、たまには他の付け合せで馬刺しを楽しみたいという方もいらっしゃると思います。

例えば、馬刺しをユッケ感覚で食べる場合、馬肉をお刺身のように薄くカットするのではなく、細かく切ってお皿に乗せたら、中央部分に窪みを作って卵黄を落とせば、桜ユッケの完成です。桜ユッケに白ごまや大葉などの薬味を加えると、風味が増し、より馬肉の旨さが際立つようになります。

また、血液をサラサラにする働きを持つカイワレ大根を馬肉で挟んで食べたり、消化酵素をたっぷり含む大根おろしを天麩羅つゆのような甘めのタレに入れ、馬刺しを浸して食べるというマニアックな付け合せも意外と評判が良いので、定番の馬刺しの付け合せに飽きてきたなという方にはオススメです。

馬刺しをおいしく食べるためのコツ

d163fe36e37687376ca27057e1872940_s
鮮度の良い馬刺しをより美味しく食べるためには、おろし生姜をお好みのタレに加え、スライスした玉ねぎと共に食べるのが1番おいしいと言われています。

また、馬刺しにはヘム鉄が豊富に含まれておりますので、空気に触れると鮮やかな桜色へと変化します。桜色の美しい馬刺しを是非とも食べてみたいという方は、馬肉を薄くカットした後に冷蔵庫内で10分から20分ほど寝かせてから食卓に並べるのがポイントです。

ただし、20分以上寝かせてしまうと馬刺しが黒ずんでしまうため、食事の時間に合わせてカットするようにし、必ずその日のうちに食べ切るようにしましょう。

馬刺しは「鮮度が命」の食べ物ですので、海外産よりも国内産の方が断然鮮度が高くなります。また、家庭で馬刺しを食べる際は、その日のうちに食べ切れる量を購入するのがポイントとなります。

馬刺しを提供している飲食店では、馬刺し1人前が平均50gほどと言われておりますので、馬刺しを購入する際の1つの目安として覚えておくことをお勧めします。

その他の付け合せは?

せっかく馬刺しを食卓に並べるのでしたら、ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜を使った副菜や子どもたちが喜ぶ料理を作るのもオススメです。

意外かもしれませんが、コーンクリームコロッケ・ケーキ寿司・具だくさんな野菜スープ・甘エビのから揚げ・豆腐と野菜の卵とじなどは馬刺しと相性が良いので、馬刺しをお取り寄せした日はご馳走を作って旦那さんや子どもたちを驚かせてみてはいかがでしょうか。

 

馬刺しの食べ方

馬刺しに最適な薬味は何がオススメ?


8c98ca21b758e3dc8c29cad8a5cf67a2_s
馬刺しは熊本県以外にも福島県や長野県、山梨県など様々な地域で古くから食べられており、それぞれの地域によって薬味が若干異なります。

このような地域性を比べてみるのも面白いですね。そこで、今回は馬刺しに最適な薬味をご紹介します。

熊本県で食べられている馬刺しの薬味とは?

a1180_006546
馬刺しで有名な熊本県では、馬刺しの薬味として「にんにく」と「生姜」が定番となっています。

ニンニクには、食欲増進効果や食中毒予防に効果的な抗菌・殺菌作用をはじめ、ビタミンB1の吸収を高めたり、血栓予防や活性酸素除去作用など健康や美容に優れた効果や効能が備わっています。

一方、生姜はお肉などに含まれる毒性を消し去る効果や食中毒予防、身体を温める効果などがあり、身体を冷やす馬刺しとの相性が抜群の薬味となっています。

熊本県では、甘口醤油におろしにんにくと生姜を加えたタレで馬刺しを食べるのが一般的となっており、全国各地の馬刺し愛好家の方々も初めて馬刺しを食べるならば、この組み合わせがオススメだと仰っています。

馬刺しの定番薬味といえば「おろしにんにく」と「生姜」が鉄板ですが、福島県の会津地方で食べられている馬刺しには、味噌に唐辛子とにんにくを加えた辛味噌と醤油で食べるのが一般的となっています。

辛味噌と醤油の組み合わせは、20代から30代の女性を中心に人気があり、ニンニクの香りと唐辛子のピリ辛感があっさりとした赤身の馬刺しによく合うと評判です。

その他の県の薬味事情とは?

a1180_006547
福島県会津地方は、古くから醤油や味噌などの醸造が行われており、冬になると極寒になるため、身体をポカポカと温める薬味を馬刺しに添えたのではないかと考えられています。

馬刺しブームの火付け役とも言える長野県信州の馬刺しは、馬肉大国の熊本県と同じく、おろしにんにくやおろし生姜を加えるまでは同じなのですが、刻みネギなど様々な薬味を醤油につけて食べるのが一般的となっています。

山梨県で食べられている馬刺しは、薬味がたっぷり添えられているため、長野県と同じく、おろしにんにくとおろし生姜に刻みネギなどの薬味を添えたり、七味唐辛子とわさびを組み合わせるなど、お好みの薬味を自由に組み合わせて食べるのが定番となっています。

馬刺しに添える薬味は、出身地や好み、お肉の種類などによって人それぞれ異なるため、必ずこれでなければダメだというものはありません。この機会に様々な薬味と馬刺しを組み合わせ、あなただけのおいしい食べ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

馬刺しの食べ方