馬刺し 通販

馬刺し通販やってみよう

妊娠中に馬刺しを食べても大丈夫?トキソプラズマについて




妊娠中にどうしても馬刺しが食べたくなり、我慢できずに食べてしまった妊婦さんや妊娠していることに気付かず、馬刺しを食べてしまった女性も多いのではないでしょうか。

ですが、妊娠中に生肉を食べてしまうと、原虫の1種「トキソプラズマ」に感染し、母体だけではなく胎児にまで悪影響を及ぼす危険性があります。

そこで、今回は妊娠中に馬刺しを食べることで感染する恐れのある「トキソプラズマ」とはどのような原虫なのか、感染するとどのような症状が表れるのかをご説明します。

馬刺しによるトキソプラズマの恐怖



トキソプラズマとは、人間に寄生する原生生物の1種です。

個人差はありますが、通常、健康的な子どもや大人がトキソプラズマに感染しても、免疫機能の働きによってトキソプラズマに感染していることに築かないうちに自然治癒していることが多く、1度感染すると抗体ができるため、それ以降トキソプラズマに感染することが無くなり、特に大きな問題になることはありません。

しかし、妊娠中の女性がトキソプラズマに感染してしまうと、胎児に障害が生じる恐れがあります。

トキソプラズマの主な感染経路は、くちや目などの粘膜から感染することが多く、皮膚や傷口からの経皮感染や空気感染することがありませんので、生活環境の衛生状態や日々の食習慣に気を配る必要があります。

今まで日本国内でのトキソプラズマによる感染者数は、さほど多くはなかったのですが、ライフスタイルの変化と共に年々感染者数が増加しており、特に胎児や乳幼児における先天性トキソプラズマ症の感染が増えているので、妊娠中の女性は1度自身のライフスタイルを見直すよう呼びかけています。

では、トキソプラズマの主な感染源をご紹介します。


トキソプラズマの感染源


生肉や魚介類を食べた

[例]
・トキソプラズマに感染している恐れのある生肉を馬刺しやユッケなどにして食べた
・レアステーキなど加熱が十分に行われていない肉料理を食べた



調理環境が汚染されている

[例]
・肉を切った包丁やまな板で生野菜をカットした



土いじりをした

[例]
・ガーデニングや家庭菜園で土いじりをした
・子どもと一緒に砂遊びをした



猫を飼っている

[例]
・トキソプラズマに感染しているネコ科動物の糞に触れた
・飼い猫のトイレ掃除をした
・猫とスキンシップをとった


他にも様々な場所や環境でトキソプラズマに感染する恐れがありますので、気を付けましょう。


妊娠中にトキソプラズマに感染したらどうなるの?



妊娠しているとは気付かず、馬刺しを食べてしまったという場合、トキソプラズマに感染していないか不安になる方も多いと思います。

妊娠中にトキソプラズマに感染してしまうと、胎児が先天性トキソプラズマ症を発症し、流産・死産・水頭症・奇形・脈絡膜炎による視力障害・脳内石灰化・精神及び運動障害などを引き起こす原因となります。

トキソプラズマは、馬刺しなどの生肉や魚介類に潜んでいるため、様々な料理を食べて育った大人ならば1度は感染している可能性があり、知らないうちにトキソプラズマに対する抗体が出来ている場合があるのですが、年齢の若い10代から20代の方々はトキソプラズマに対する抗体を持っていないことが多いため、万一のことを考えて、馬刺しなどの生肉の摂取やガーデニングなどの土いじりは避けた方が良いでしょう。

最近では、産婦人科にて妊娠が判明した際、トキソプラズマに対する抗体検査を行ってくれる親切な病院もありますので、1度検査を受けておくことをお勧めします。


まとめ

今回は妊娠中に馬刺しを食べても安全かどうかについてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

日本国内で流通している馬刺しの場合、出処が判明している生食用のお肉は徹底した衛生管理のもとで食肉処理されているため、トキソプラズマに感染する恐れは限りなく低いと言われています。

しかし、近年日本国内でも全国各地で食品偽装や産地偽装といった食の問題が多発しておりますので、出処がはっきりしている生食用のお肉だからと言って安心してはいけません。

妊娠中はどんなことがあっても馬刺しなどの生肉摂取を避けるように心掛けましょう。

 

馬刺しの注意点

馬刺しとプリン体の関係とは?痛風の可能性も!




痛風といえば、一昔前まで「贅沢病」と言われていましたが、これは当時高級品だったお肉や魚介類、お酒などを日常的に摂取していた方々を中心に発症していたため、このような俗称が付いたと考えられています。

21世紀になり、たいへん豊かになった日本では、お肉や魚介類、お酒などはコンビニやスーパー、デパートなどで気軽に購入することができるようになり、食事も魚や野菜中心の和食から肉類中心の欧米食へと移り変わったことで、今まで贅沢病と称された痛風は、誰でも発症する病気となりました。

痛風の原因は、主に遺伝子を構成するプリン体と呼ばれる物質が大会で尿酸に代謝される際、何かしらの原因で体外へと排出されず、血中尿酸値が高くなることで高尿酸血症を発症したことで急性関節炎などが引き起こっていると言われています。

しかもこのプリン体という物質は、牛肉や豚肉だけではなく、馬刺しなどの馬肉にもたっぷり含まれていることをご存知でしたか。

今回は馬刺しとプリン体の関係についてご紹介します。


馬刺しとプリン体の関係



高たんぱくで低カロリーな馬刺しは、健康や美容に気を遣っている方やダイエット中の方などから絶大な人気を誇るお肉ですが、なんと馬刺し100gあたりおよそ60mg~150mgものプリン体が含まれていたのです。

この含有量は、牛肉や豚肉に匹敵するため、低たんぱくで低カロリーだからといって食べ過ぎてしまうと尿酸値が上昇し、痛風を発症する可能性があります。

では、プリン体は1日にどのくらい摂取しても良いのでしょうか。

日本痛風・核酸代謝学会が作成したガイドラインによると、1日に400mgを目安にプリン体を摂取することが望ましいとありますので、100gあたり200mg以上プリン体を含有している鶏レバー・豚レバー・牛レバー・カツオ・アジや秋刀魚の干物・白子などを食べ過ぎないように気を付けましょう。

ただ、摂取したプリン体が尿酸になるのは、摂取量のおよそ20%ほどですので、100gあたり200mg以上のプリン体を含む食べ物を全く食べてはいけないというわけではありませんのでご安心ください。

もし、プリン体を摂り過ぎてしまった場合は、尿の中性化に有効なアルカリ性食品を摂取したり、尿酸の尿中飽和度を減少させるために積極的に水分を摂るように心掛けましょう。


まとめ

今回は馬刺しとプリン体の関係についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

痛風にならないためには、プリン体の摂取量ばかりに目を配るのではなく、こまめに体重を測定し、肥満にならないように気を付けることが大切です。

肥満は痛風の原因となる可能性を秘めておりますので、この機会に1度生活習慣を見直し、栄養バランスの整った食事を摂るように努めてゆきましょう。

 

馬刺しの注意点

馬刺しは大丈夫?ユッケによる食中毒の可能性


33f7d7f90ac8eb73cad33d89634f925f_s
お肉といえば、焼き肉やステーキ、ハンバーグなどが頭の中にポンポンと浮かんでくるかと思いますが、生肉好きの方は真っ先に「ユッケ」が思い浮かぶのではないでしょうか。

お隣りの国、韓国でも日本と同じく生肉を使った肉料理が人気を集めており、特に細切りにした牛肉をニンニクやごま油などで和えたユッケは老若男女問わず、たいへん人気があります。

しかし、2011年に発生した北陸3県と神奈川県で起きたユッケによる集団食中毒事件によって、富山県で4人、福井県で1人が死亡したことで、日本ではユッケをはじめ、生肉を食べることに対して抵抗を感じる方が急増しています。

ですが、木村拓哉さんや武井荘さん、米倉涼子さんといった幅広い世代の方々から絶大な人気を誇る著名人たちが健康や美容維持のために馬刺しを食べていることがテレビや雑誌、インターネットの情報サイトなどで公開されると、2016年1月よりNHKにて放送されている大河ドラマ「真田丸」の影響もあり、馬刺しブームが到来しました。

そこで、今回は生肉の刺身である馬刺しによる食中毒の可能性についてご説明したいと思います。

馬刺しによる食中毒の可能性

58df567800e273fa8162b9a0a0ea4f8b_s
馬刺しは牛肉や豚肉と比べて安全性の高いお肉だと言われています。

その理由は、馬が牛や豚とは異なり、奇蹄類であり反芻動物ではないこと、そして体温が高く抗原性が低いことが挙げられます。

しかし、平成21年から平成23年に厚生労働省が行った食中毒に関する調査を行った結果、事例198件のうち33件が馬刺しを食べたことによる食中毒であったことが明らかにされました。

ところが、その後馬刺しをいくら検査しても食中毒を引き起こす細菌類が検出されませんでした。ただ、調査の結果、食中毒を起こした馬刺しに使用された馬肉が馬を中間宿主とする寄生虫「サルコシスティス・フェアリー」が存在していたことが分かったのです。

おそらく、このサルコシスティス・フェアリーが馬刺しによる食中毒を引き起こしていたのではないかと現段階では考えられており、この寄生虫はイヌとウマを行き来する寄生虫のため、人に寄生する可能性は低いと言われています。

サルコシスティス・フェアリーに感染した場合、馬刺しを食べた数時間後には一過性の下痢や嘔吐、腹痛などの食中毒症状が起こるとされています。ただ、サルコシスティス・フェアリーに感染している馬刺しや馬肉をどのくらい食べれば発症するのかというデータが無いため、現在調査中とのことです。

食中毒にならないのか?

pak85_lalaonakaitaidesu20140321_tp_v
では、サルコシスティス・フェアリー以外の食中毒にならないのかというとそうではありません。

平成26年3月28日から4月14日に馬刺しによる腸管出血性大腸菌 (EHEC) o-157VT1&2産生食中毒事例が発生しました。

これは日本で初めて生食用馬肉を原因とするEHEC食中毒であり、福島県衛生研究所は加工会社による適切な汚染防止対策が講じされていなかったとは言い難い結果であるとし、馬自体が腸管出血性大腸菌を保菌している可能性を考慮し、検査を行ったところ食肉衛生検査所にて屠畜場での馬の糞便を調査したところ、検査の結果全て陰性だったそうです。

何が原因で馬刺しによるEHEC食中毒が発生したのかは不明ですが、サルコシスティス・フェアリー以外の食中毒の可能性も少なからずあるため、馬刺しを食べて体調不良を引き起こした際は我慢せず、病院へ行き、検査をしてもらうようにしましょう。

馬刺しはこれまで最も安全性の高いお肉と言われてきましたが、腸管出血性大腸菌やカンピロバクターなどの細菌類による食中毒を引き起こす可能性もありますので、少しでも異常が表れた場合は手遅れにならないよう、速やかに病院で診てもらうようにしましょう。

 

馬刺しの注意点

馬刺しの生レバーは危険?安全に食べる方法とは?


fb223838646e284499e42cc5b2b69bab_s
平成24年7月に食品衛生法に基づき、牛レバーの生食に関する販売・提供が禁止され、その3年後の平成27年6月には豚肉や豚レバーなどの内臓の生食に関する販売・提供が禁止されました。

なぜ、牛レバーなどの生食が禁止されたのかと言いますと、これらの生肉を安全に食べるための方法が無く、生で食べた場合、腸管出血性大腸菌やサルモネラ菌、カンピロバクター・ジェジュニなどによる食中毒やE型肝炎ウイルス (HEV)の感染リスクが高まるからです。

これを受け、今までレバ刺しを提供していた全国各地の焼き肉屋さんや居酒屋さんなどのメニュー表からレバ刺しの名が消え、代わりに食中毒の感染リスクや抗原度の低い馬刺しや馬レバーが新たにメニューに加わるようになりました。

しかし、牛や豚のレバーを生で食べられないのに馬のレバーは食べても良いという理由が分からず、注文する勇気が無いという方もたくさんいます。

そこで、今回は馬刺しの生レバーの安全性についてご説明します。

馬刺しの生レバーが安全な理由とは?

51ece48828b239af5a685c7701d212de_s
牛や豚のレバーは厚生労働省より生食に関する販売・提供が禁止されておりますが、唯一馬のみレバーの生食が許されています。

その理由は、馬は心臓の働きが牛や豚よりも非常に強く、その反面、肝臓や腎臓、脾臓などの解毒機能を持つ器官がとても小さいため、飼育の際に抗生物質やホルモン剤などを与える必要が無いため、とても安全性の高い動物となっています。
また、馬は奇蹄類で反芻動物ではないため、口蹄疫や狂牛病などの偶蹄類が掛かりやすい病気にかかる心配も無く、腸管出血性大腸菌 (o-157など)を保菌している可能性が非常に低いと言われており、さらに、牛や豚と比べて体温が5℃~6℃ほど高いため、寄生虫や雑菌が寄り付きにくいという特徴があります。

もちろん、馬刺しや馬の生レバーの安全性はこれだけではありません。
厚生労働省では、馬刺しや馬の生レバーを安全に食べられるよう加工方法などを定めた衛生基準を設けており、この基準をクリアしたものだけが生食可能となります。


生食可能な生レバーの見分け方

dd109d3117507efcf83e45d645ccd991_s
生食可能な馬レバーと加熱が必要な馬レバーの見分け方ですが、食品表示欄に必ず「生食用馬肉」と明記されているかどうかで判断することができるようになっています。

表示例

熊本県産馬刺し (生食用)
100g当たり:正味量 (g):保存方法
600円:200g:4℃以下

消費期限:平成○○年○○月○○日
屠畜場所在地県名:熊本県
屠畜場番号:12345678
食肉処理場所在地県名:○○県
加工者:○○会社
    ○○県○○市○○○○


生食可能な馬刺しや馬レバーの場合、商品名の横に必ず「生食用」と記載されておりますので、こちらを確認してください。屠畜 (とちく)・食肉場所在地県名は、屠畜場のある場所が記載されているのですが、輸入馬肉の場合は原産国が明記されているので、国産か海外産かを見分けるポイントになります。

生食用と表記されていない馬刺しや馬レバーを購入した場合、必ず加熱調理が必要になりますので、初めて馬刺しや馬レバーを購入する方は、この部分をしっかり確認してから購入するようにしましょう。

馬刺しや馬レバーは、生食が可能なものと加熱が必要なものの2種類あり、生食用と明記されているものは公的機関にて衛生基準をクリアしているという意味になりますので、それ以外は絶対に口にしないようにしましょう。

 

馬刺しの注意点

馬刺しを食べ過ぎると下痢や腹痛の可能性はある?


2894537ab1b655d52f292726bf1fe591_s
牛肉や豚肉の2倍以上のたんぱく質が含まれているのに、脂肪分は牛肉の1/5ほどしか含まれていない高たんぱくで低カロリーな馬肉は、唯一加工せずに食べることができるお肉として古くから愛されています。

特に馬肉大国として有名な熊本県では、江戸時代以前より生の馬肉を使ったお刺身料理「馬刺し」が食べられており、いまでは日本各地からお取り寄せ注文が殺到するほど人気があります。

しかし、馬刺しも牛肉や豚肉と同じ肉類ですので、当然食べ過ぎれば下痢や腹痛を招く恐れがあります。なぜ馬刺しを食べ過ぎると下痢や腹痛を起こすのでしょうか。

馬刺しを食べ過ぎると下痢や腹痛になる原因は?

18846abca5c2718699c38c15fccbaffe_s
まず、食べ過ぎた後に起こる下痢や腹痛の原因についてご説明します。食べ過ぎによる下痢や腹痛の場合、2つの原因が考えられます。

まず1つが胃腸の働きが活発になったことで、腸内で水分が十分に吸収できず、便の水分量が多くなってしまったことが原因で起こる下痢です。この下痢の主な原因は、暴飲暴食・刺激のある食べ物を食べた・アルコールの摂取・ストレスや過労などによって自律神経が乱れたことで起こると言われています。

もう1つが冷たいものを大量に摂取したことで胃腸が冷えて消化機能が低下したことで起こる下痢です。胃腸の機能が低下しているときに食べ過ぎてしまうと、消化できずに胃や腸内に長時間食べ物が留まってしまうため、下痢を引き起こしてしまうのです。

ご紹介させて頂いた食べ過ぎによるこれらの症状は、食生活の乱れによって引き起こる場合がありますので、ご注意ください。

まだまだある下痢や腹痛の原因

51ece48828b239af5a685c7701d212de_s
さて、馬刺しを食べ過ぎたことで起こる下痢や腹痛は上記の他にもう2つ理由があります。

馬刺しによる腹痛の原因は、消化時間の長い肉類を食べ過ぎたことで起こる消化不良が考えられます。お肉は他の食材と比べると消化に時間のかかる食べ物ですので、食べ過ぎてしまうと下痢や腹痛の原因となるのです。

また、馬刺しは牛肉や豚肉とは異なり、脂肪分が少なく肝臓に負担がかかりにくいお肉ではありますが、必須アミノ酸が豊富に含まれておりますので、食べ過ぎてしまうと下痢や腹痛、嘔吐を引き起こす原因となります。

馬刺しは非常に栄養価の高いお肉ですので、毎日の食生活に取り入れたい食材ではありますが、食べ過ぎてしまうと下痢や腹痛を引き起こすことがあります。

美味しいからと言って馬刺しばかり食べるのではなく、魚介類や野菜、果物などもバランス良く摂取することが食べ過ぎによる下痢や腹痛を予防する方法ですので、1日の摂取量を守り、バランスの摂れた食生活を心掛けましょう。

 

馬刺しの注意点

馬刺しの保存方法と保存期間


18846abca5c2718699c38c15fccbaffe_s
いま日本では空前の馬刺しブームが到来しており、日本各地から馬刺しのお取り寄せが殺到していると言います。

もともと日本では古くから馬肉を食べる習慣を持つ地域が多々あったのですが、牛肉や豚肉のように全国に広まることはなく、その地域ならではの名産品となり、馬刺しや桜鍋など馬肉を用いた郷土料理が誕生してゆきました。

しかし、平成24年に牛レバー、平成27年には豚肉や豚レバー、猪に鹿などのお肉の生食が禁止されると、生肉愛好家の方々のあいだで安全かつ安心な生肉を求める動きがあり、熊本県や長野県などで昔から食べられている「馬刺し」に注目が集まるようになったのです。

その後、じわじわと馬肉の知名度が広がり始め、2016年1月よりNHK大河ドラマ「真田丸」がきっかけとなり、馬刺しの知名度が一気に広まり、現在の馬刺しブームに繋がっています。

ですが、馬刺しをお取り寄せしている方々の多くが、馬刺しの正しい扱い方を知らないため、開封して冷蔵庫に保管してしまったり、電子レンジや常温で解凍してしまったりと馬刺しの風味を損なう行動を取っている方がたくさんいます。

そこで、今回は馬刺しの適切な保存方法と保存期間についてご説明します。

馬刺しの適切な保存方法と保存期間

fb223838646e284499e42cc5b2b69bab_s
馬刺しはとってもデリケートな食べ物ですので、お取り寄せした場合、当日に食べ切ってしまう、もしくは、メーカーが推奨している保存方法で保管するのが望ましいとしています。

ですが、馬刺しの量が多すぎてどうしても当日中に食べ切ることができないという場合は、極力空気に触れないようにサランラップなどで包み込み、密閉袋へ入れて、冷蔵庫のチルド室にて保存しましょう。

馬肉は鉄分を豊富に含むお肉ですので、空気に触れることで酸化し、牛肉や豚肉に比べて劣化が早いため、長時間空気に触れる環境に置いておくとすぐに傷んでしまいます。また、馬肉を保管する際は、必ず0℃で保管するようにしましょう。

真空パックで届いた馬刺しを開封し、2日後に生で食べるのは絶対に避けてください。食中毒などを引き起こす原因となります。

馬刺しは鮮度が命の食べ物ですので、開封後は当日中に食べ切るのが理想的となっています。最近では1人前50gでの販売を行っているお取り寄せショップもございますので、あなたが当日中に食べ切れる量を販売しているお取り寄せショップを探す、もしくは、近くで馬肉を量り売りしている精肉店などで馬刺しを購入するようにしましょう。

やはりメーカーによって異なる

58e0dddc718858cf49f6d5aee305e81e_s
馬刺しの保存方法や保存期間については製造メーカーによって若干異なりますので、インターネットでのお取り寄せ注文を希望されている方は、お店の公式ホームページにあるQ&Aや商品説明の欄に記載されている保存方法と保存期間をしっかり守って管理するようにしましょう。

もし、お店に行って直接馬刺しや馬肉を購入される予定の方は、お店から自宅までどのくらいの時間がかかっているのかを計算し、片道数十分以上かかるようならば、保冷バッグを持ってお店へ行き、当日中に食べ切れる量のお肉を購入して帰宅するようにしましょう。

 

馬刺しの注意点