馬刺し 通販

馬刺し通販やってみよう

馬刺しの栄養とカロリー


58e0dddc718858cf49f6d5aee305e81e_s
高たんぱくで低カロリーな馬肉は、生活習慣病や国民病、お肌の老化予防と改善など健康と美容に優れた効果や効能が期待できるお肉として世界的にも注目を集めています。

特に生の馬肉を薄くカットした馬刺しは、馬肉に含まれる栄養成分をそのまま摂取することができるため、容姿端麗な女優の米倉涼子さんや若い女性たちから絶大な人気を誇るローラさんなど女性著名人の方々も好んで食べていらっしゃいます。

さて、様々な効果や効能が期待されている馬刺しですが、牛肉や豚肉とどのような違いがあるのか気になるという方もいらっしゃると思います。そこで、今回は馬刺しの栄養とカロリーについて詳しくご説明したいと思います。

馬刺しの栄養について

33f7d7f90ac8eb73cad33d89634f925f_s
高たんぱくで低カロリーな馬肉は、ユッケやロースト・ホース、カルパッチョに桜鍋、煮込みなど様々な料理として日本各地で食べられておりますが、なかでも馬刺しは老若男女問わず絶大な人気を誇っており、いまでは定番のお取り寄せグルメとなっています。

さて、そんな馬刺しですが、いったいどのような栄養が含まれているのか気になったことはありませんか。

馬刺しには、上質なたんぱく質・グリコーゲン・ヘム鉄・L-カルチニン・不飽和脂肪酸・イミダゾールジペプチドなどが含有されており、不摂生な生活習慣や偏った食生活を送っている方にオススメのお肉となっています。
また、ビタミン類やミネラル類などがバランス良く含まれており、健康と美容に気を遣っている方々にもピッタリです。

特に不飽和脂肪酸とイミダゾールジペプチドは、ここ数年世界各国から注目を集める栄養成分であり、日本でもこの2つの栄養成分に関する書籍や情報サイトなどで多数紹介されています。

馬刺しと不飽和脂肪酸

馬刺しに含まれる不飽和脂肪酸は、オメガ3多価不飽和脂肪酸の必須脂肪酸「α‐リノレン酸」であり、豚肉にも含有されているのですが、その含有量が豚肉のおよそ10倍と言われており、脂肪分の多い「タテガミ」や「フタエゴ」などにたっぷり含まれていますので、青魚にアレルギーがあって食べられない方でも安心して摂取することができます。

ただ、馬刺しに含まれる不飽和脂肪酸は全脂肪酸の5%ほどですので、青魚に含有されている不飽和脂肪酸とは比べものになりませんが、お肉で摂取できるというのはとっても魅力的ですよね。不飽和脂肪酸と共に注目を集めているイミダゾールジペプチドとは、主に渡り鳥の筋肉に含まれる成分です。

渡り鳥たちは、この成分のおかげで何万kmも離れた場所まで休まずに飛び続けることができるのですが、なんと、このイミダゾールジペプチドが馬肉にも含まれていることが近年の研究によって明らかにされたのです。

馬は古くから人間の生活には欠かせない動物であり、主に荷馬車を引いたり、金属製の甲冑を身に付けた重装騎兵を乗せて疾走したりしていたため、他の動物と比べ、非常に持久力のある筋肉を持っています。

馬肉には「カルノシン」と呼ばれるイミダゾールジペプチドが含有されており、その含有量は、牛肉や豚肉の1.6倍から3.5倍と言われています。最近お疲れ気味の方は、この機会に馬肉を食べてみてはいかがでしょうか。

馬刺しのカロリー

13ff88238720f7b2ed596f6504603fdb_s
馬刺しに用いられる馬肉のほとんどが赤身の部分であり、100gあたり110kcalほどしかありません。そのため、馬肉一切れあたりのカロリーはおよそ5kcal前後と低く、ダイエット中にお肉が食べたくなったときは鶏ささみか馬刺しを食べるのが良いとされています。

ただ、馬肉はダイエット指数や栄養価が高いぶん、腹持ちが悪いので、ついつい食べ過ぎてしまうという方も大勢いらっしゃいます。食べ過ぎは身体に毒ですので、暴食しないようご注意ください。

日本と同じように馬肉を食べる習慣のあるフランスなどでは、お医者さんが患者さんに馬肉を食べることを薦めることがあると言います。それほどまで栄養価が高く、健康に良いお肉だということですので、この機会に馬刺しを購入してみてはいかがでしょうか。

 

馬刺しと健康

馬刺しが美容に良い理由


0fc442b12492b9e9c5919852b039419e_s
女優の米倉涼子さんや人気モデルのローラさんなど、容姿端麗な女性たちから愛されている「馬刺し」は、高たんぱく・高ミネラル・低脂肪・低カロリーと美容と健康に優れた効果や効能を持つ4つの嬉しい栄養成分を含むお肉として、20代から40代の女性を中心に人気を集めています。

ですが、なぜ馬刺しが美容に良い効果をもたらすのかと疑問に思っている女性もたくさんいると思います。

今回は、容姿端麗な女性たちから愛されている馬刺しの美容効果についてご説明します。

馬刺しが美容に良い理由とは?

0f0b892ad13bbfc74d9b02626250ad60_s

1.ダイエット効果

馬刺しは、牛肉や豚肉と比べてカロリーが非常に低く、牛肉のおよそ1/3、豚肉のおよそ1/2しかありません。しかも、脂質の含有量も牛肉や豚肉と比べて低いため、ダイエット中でもカロリーを気にすることなく食べられるお肉として人気を集めています。

さらに、馬刺しがダイエットに効果的である理由は、カロリーや脂質だけではありません。なんと、含有されているたんぱく質の量が、牛肉や豚肉のおよそ2倍摂取することができるため、鶏ささみと共にダイエット食材として大活躍しています。

2.生活習慣病と老化予防

高たんぱくで低カロリーな馬刺しに含まれる脂肪分は、なんと牛肉のおよそ1/5と非常に低いのですが、なんとこの脂肪分には、リノール酸やオレイン酸といった青魚などに含まれる不飽和脂肪酸がたっぷり含有されておりますので、体脂肪になりにくく、血液中のコレステロール値を降下させたり、過酸化脂質の発生を抑える効果があります。

また、不飽和脂肪酸はアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を緩和する効能や血液をサラサラにして血管を強くする働きもありますので、生活習慣病を予防しながら、老化予防とダイエット効果が得られる、まさに夢の美容フードと言えるでしょう。

3.美肌効果

「馬刺しで美肌効果?」と疑問に思われた方も多いと思いますが、馬肉には牛肉のおよそ20倍、豚肉のおよそ3倍のビタミンが含まれており、優れた美肌効果を得ることができます。

特に美容維持に欠かせないビタミンAとビタミンEは、牛肉や豚肉よりも含有量が高いので、美容に気を遣っている女性にオススメのお肉となっています。

4.アンチエイジング効果

馬刺しや馬肉に含まれるたんぱく質には「ペプチド」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。

ペプチドの主な働きは、血圧上昇の原因となるホルモンの発生を抑えたり、脂肪燃焼効果や疲労回復、代謝促進などが挙げられますが、他にも紫外線などによって傷付いたお肌の再生やお肌の弾力に必要なコラーゲンの生成を助ける働きがあり、アンチエイジング効果を期待することができます。

最近では、エイジング化粧品などにもペプチドが配合されており、お肌の再生や弾力維持だけではなく、保湿効果も得られるため、乾燥肌やシワ予防などにも効果が期待できます。

栄養価の高い馬肉

2f61432fc9a03686392f6eb2e96c6329_s
以前「馬刺しの効能や効果を紹介」にて、馬刺しの健康に関する働きをご説明させて頂きましたが、美容面にも様々な効果や効能があることがお分かり頂けたかと思います。

フランスでは、日本よりも古くから馬肉を食べる習慣があり、お医者さんが患者さんに健康や美容維持にために馬肉を食べるように勧めることがあるそうです。

フランスのお医者さんも認めるほど栄養価の高い馬肉は、美容と健康維持に優れた効果が期待できるお肉ですので、この機会に馬刺しを食べてみてはいかがでしょうか。

 

馬刺しと健康

馬刺しの効能や効果を紹介


d1ee9c63d36eec4dd6b4c8e1d7d13bb6_s
所ジョージさんや木村拓哉さん、武井荘さんといった男性からも女性からも人気の高い著名人やNHK大河ドラマ「真田丸」の影響によって空前のブームとなった「馬刺し」には、牛肉や豚肉、鶏肉といった定番のお肉とは比べものにならないほど優れた効果や効能が期待できることをご存知ですか。

今回は知られざる馬刺しの健康に関する効果や効能についてご説明します。

馬刺しの気になる効果や効能とは?

ce6919d32c51e935e858138b5399e29b_s
馬刺しとは、生の馬肉を薄くカットしたお刺身のことであり、日本では熊本県や長野県、福島県などで古くから食べられています。

馬肉は畜肉のなかでもトップクラスの栄養価を誇り、高たんぱくかつ低脂質なお肉なので、昔から滋養強壮効果が得られると言われています。

ですが、近年の研究によって、馬肉には滋養強壮効果の他にも、さらに優れた健康効果があることが明らかにされ、健康志向の方々を中心に人気を集めています。

では、馬肉を食べることでどのような健康に関する効果や効能が得られるのかをご紹介します。

馬肉が持つ健康に関する効果や効能

593e8e004288b38bd31b6285a900d04d_s
動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の予防
血圧を下げて高血圧を予防
肝臓の解毒作用を高める
貧血の予防と改善
疲労回復効果
毛髪や皮膚、臓器などの健康維持
味覚異常の予防と改善
精力増強
集中力アップ など

他にも、アルツハイマー・認知症の予防、花粉症・鼻炎の症状緩和、うつ病・うつ症状の改善、ストレスなど肉体だけではなく心の健康にも優れた効能が期待できます。

馬肉は、漢方の世界でも用いられており、毎日の生活に漢方を取り入れたいという方にもオススメの食材です。

馬肉の味は、筋肉を引き締めて汗や尿の大量排出を停止させる「酸」と滋養強壮や鎮痛・解毒作用の「甘」、そして食材の性は身体を冷やす「寒」になりますので、馬刺しを食べる際は身体を温める食材と組み合わせるのがポイントです。

まとめ

馬刺しを食べる際、よく生姜や玉ねぎ、青しそを使ってつまを作る方も多いですが、これらの食材は身体を温める作用を持っているため、理に適った食べ方となっています。

馬刺しの旬は、地域によって異なりますが、冬に向けて脂肪を蓄え始める9月から11月ごろが最も美味しい時期だと言われておりますので、まだ馬刺しを食べたことの無い方やおいしい馬刺しを食べたことがない方は、この機会に是非食べてみてはいかがでしょうか。

 

馬刺しと健康