馬刺し 通販

馬刺し通販やってみよう

馬刺しの栄養とカロリー


58e0dddc718858cf49f6d5aee305e81e_s
高たんぱくで低カロリーな馬肉は、生活習慣病や国民病、お肌の老化予防と改善など健康と美容に優れた効果や効能が期待できるお肉として世界的にも注目を集めています。

特に生の馬肉を薄くカットした馬刺しは、馬肉に含まれる栄養成分をそのまま摂取することができるため、容姿端麗な女優の米倉涼子さんや若い女性たちから絶大な人気を誇るローラさんなど女性著名人の方々も好んで食べていらっしゃいます。

さて、様々な効果や効能が期待されている馬刺しですが、牛肉や豚肉とどのような違いがあるのか気になるという方もいらっしゃると思います。そこで、今回は馬刺しの栄養とカロリーについて詳しくご説明したいと思います。

馬刺しの栄養について

33f7d7f90ac8eb73cad33d89634f925f_s
高たんぱくで低カロリーな馬肉は、ユッケやロースト・ホース、カルパッチョに桜鍋、煮込みなど様々な料理として日本各地で食べられておりますが、なかでも馬刺しは老若男女問わず絶大な人気を誇っており、いまでは定番のお取り寄せグルメとなっています。

さて、そんな馬刺しですが、いったいどのような栄養が含まれているのか気になったことはありませんか。

馬刺しには、上質なたんぱく質・グリコーゲン・ヘム鉄・L-カルチニン・不飽和脂肪酸・イミダゾールジペプチドなどが含有されており、不摂生な生活習慣や偏った食生活を送っている方にオススメのお肉となっています。
また、ビタミン類やミネラル類などがバランス良く含まれており、健康と美容に気を遣っている方々にもピッタリです。

特に不飽和脂肪酸とイミダゾールジペプチドは、ここ数年世界各国から注目を集める栄養成分であり、日本でもこの2つの栄養成分に関する書籍や情報サイトなどで多数紹介されています。

馬刺しと不飽和脂肪酸

馬刺しに含まれる不飽和脂肪酸は、オメガ3多価不飽和脂肪酸の必須脂肪酸「α‐リノレン酸」であり、豚肉にも含有されているのですが、その含有量が豚肉のおよそ10倍と言われており、脂肪分の多い「タテガミ」や「フタエゴ」などにたっぷり含まれていますので、青魚にアレルギーがあって食べられない方でも安心して摂取することができます。

ただ、馬刺しに含まれる不飽和脂肪酸は全脂肪酸の5%ほどですので、青魚に含有されている不飽和脂肪酸とは比べものになりませんが、お肉で摂取できるというのはとっても魅力的ですよね。不飽和脂肪酸と共に注目を集めているイミダゾールジペプチドとは、主に渡り鳥の筋肉に含まれる成分です。

渡り鳥たちは、この成分のおかげで何万kmも離れた場所まで休まずに飛び続けることができるのですが、なんと、このイミダゾールジペプチドが馬肉にも含まれていることが近年の研究によって明らかにされたのです。

馬は古くから人間の生活には欠かせない動物であり、主に荷馬車を引いたり、金属製の甲冑を身に付けた重装騎兵を乗せて疾走したりしていたため、他の動物と比べ、非常に持久力のある筋肉を持っています。

馬肉には「カルノシン」と呼ばれるイミダゾールジペプチドが含有されており、その含有量は、牛肉や豚肉の1.6倍から3.5倍と言われています。最近お疲れ気味の方は、この機会に馬肉を食べてみてはいかがでしょうか。

馬刺しのカロリー

13ff88238720f7b2ed596f6504603fdb_s
馬刺しに用いられる馬肉のほとんどが赤身の部分であり、100gあたり110kcalほどしかありません。そのため、馬肉一切れあたりのカロリーはおよそ5kcal前後と低く、ダイエット中にお肉が食べたくなったときは鶏ささみか馬刺しを食べるのが良いとされています。

ただ、馬肉はダイエット指数や栄養価が高いぶん、腹持ちが悪いので、ついつい食べ過ぎてしまうという方も大勢いらっしゃいます。食べ過ぎは身体に毒ですので、暴食しないようご注意ください。

日本と同じように馬肉を食べる習慣のあるフランスなどでは、お医者さんが患者さんに馬肉を食べることを薦めることがあると言います。それほどまで栄養価が高く、健康に良いお肉だということですので、この機会に馬刺しを購入してみてはいかがでしょうか。

 

馬刺しと健康

おすすめ馬刺し通販ランキング

1位:おすそわけ村
馬刺し通販が初めての方は、まずココから挑戦!!

詳しくはコチラ

2位:菅乃屋ミート
新鮮で安心・安全の馬刺しを提供

詳しくはコチラ

3位:熊本馬刺しドットコム
馬刺しの風味や食感を自宅で堪能できる

詳しくはコチラ



ランキング詳細はコチラarrow42-021arrow42-021arrow42-021 馬刺し通販ランキング